舞台「ブラックコメディ」

主演・浜中文一が
「ブラック=暗闇」の中で大奮闘!?
予期せぬ停電をキッカケに、
視界を奪われた大人たちが大慌て!!
演劇でしか体験できない
爆笑必至のコメディ

原作
ピーター·シェーファー
上演台本·演出
大歳倫弘(ヨーロッパ企画)
出演
浜中文一、市川美織、
朝海ひかる、渡辺いっけい 他
東京公演
2024年8月17日(土) ~ 9月1日(日) 
IMM THEATER

INTRODUCTION

イントロダクション

劇作家ピーター·シェーファーによる
明暗が逆転した異色作

『ブラック・コメディ』は、英国の著名な劇作家で『アマデウス』や『フォロー・ミー』など映画化された作品も秀逸なピーター·シェーファーによって生み出された戯曲です。1965年にロンドンで初演され、その後世界各地で上演。日本では1970年に劇団四季で初演されました。物語は、売れない若手彫刻家が留守中の隣人宅から数々の調度品を無断で借用し、婚約者の父親と億万長者の美術蒐集家を招き、さも自らの作品かのように仕立てることで愛と富を手に入れようと画策します。しかし、予期せぬ停電がアパート全体を襲い、招かれざる客も次々と訪れ、暗闇の中でトラブルへと発展していきます。ピーター·シェーファーは劇中、室内の電灯がついている設定のときは舞台上を暗く、停電の設定のときは舞台上を明るくするという、明暗が逆転したユニークな手法で表現することで、停電中のパニックを視覚的に際立たせるとともに、登場人物たちの隠された本音や嘘を表出させることに見事に成功しました。
そしてこの度、この戯曲に上演台本・演出として挑むのはヨーロッパ企画の大歳倫弘。映像や舞台の話題作で作家、演出家として活動する大歳が、この型にはまらない異色作にどのように立ち向かうのか。その手腕にぜひご注目ください。

主人公の売れない彫刻家に浜中文一!
ヒロイン役に市川美織が抜擢!
朝海ひかる、渡辺いっけい等ベテラン俳優たちも
個性あふれる役でトラブルに巻き込まれる!

主演を務めるのは、舞台俳優としてジャンルを問わず八面六臂の活躍を見せる浜中文一。これまで挑戦してきたコメディ作品では共演者から太鼓判を押されるほど演技力に定評のある浜中が今作で演じるのは、愛する女性と富を一挙に手に入れるべく画策する若手彫刻家ブリンズリー。突如起きた「停電」という不測の事態と、暗闇の中で次から次へと押し寄せる難題の数々に奮闘する主人公をユーモアたっぷりに演じます。
そして、元AKB48/NMB48で現在はレトロポップユニット・FANCYLABOのメンバーとしてアーティスト活動するほか、多数の舞台にも出演する市川美織が、ブリンズリーの婚約者キャロルを演じます。
また、元宝塚歌劇団トップスターで退団後は名作ミュージカルやストレートプレイに出演し、身のこなしの美しさと確かな実力を備えた朝海ひかるが、ブリンズリーと同じアパートの上階に住む女性ミス・ファーニヴァルを演じます。
さらに、劇団☆新感線や状況劇場を経てドラマや映画で活躍、今や名実ともにベテラン俳優の渡辺いっけいが、ブリンズリーの婚約者キャロルの父親で厳格な性格のメルケット大佐を演じます。
「ブラック=暗闇」の中で繰り広げられるトラブルの連鎖とそのテンポ感、そして翻弄される登場人物たちの滑稽さに思わず吹き出してしまうこと間違いなし!この抱腹絶倒コメディにご期待あれ!

STORY

作品ストーリー

主人公ブリンズリーは無名の若い彫刻家。
ある晩、彼は留守中の隣人ハロルド宅から数々の調度品を無断で借用。
フィアンセであるキャロルの父親と、大富豪の美術コレクターゲオルグを自宅に招き、
これらの品々が自らの作品であるかのように仕立て、一挙に富と愛する女性を手に入れようと企てる。
しかし突然停電が起きて・・・!
次から次へと訪れる来客たちと繰り広げられる受難の数々、
ブリンズリーはこの危機を乗り越えられるのか?!

CAST & STAFF

キャスト & スタッフ

CAST

  • 浜中文一

    浜中文一はまなか ぶんいち

    【コメント】
    舞台「ブラックコメディ」に出演いたします、浜中文一です。
    ブラックコメディという言葉が大好きなのですが、そのまま舞台のタイトルになっているこの作品は僕の大好物です。
    個人的には、渡辺いっけいさんと共演したいなと思っておりましたので、それもすごく楽しみです。
    暑い時期ではございますが、皆様劇場でお待ちしております。
    【プロフィール】
    1999年より活動し舞台を中心にドラマや映画、コンサートで活躍中。近年の主な出演作に、【映画】『僕らの千年と君が死ぬまでの30日間』(23)、『鳩の撃退法』(21)、【ドラマ】『大奥』(23・NHK)、『初恋、ざらり』(23・TX)、『勝利の法廷式』(23・NTV)、『彼女はキレイだった』(21・KTV)、【舞台】『笑わせんな』(24)、『我が街、道頓堀~OSAKA 1970~』「奏劇 vol.3『メトロノーム・デュエット』」『午前0時のラジオ局』(23)、『ダブル・トラブル』『レオポルトシュタット』『テーバスランド』『富美男と夕莉子』『シラノ・ド・ベルジュラック』(22)などがある。
  • 市川美織

    市川美織いちかわ みおり

    【コメント】
    はじめまして、舞台「ブラックコメディ」に出演させていただくことになりました市川美織です。
    私はコメディが大好きなので、思う存分楽しみたいなと思います♪
    また、この戯曲に設定されている照明のギミックはとてもユニークで、どのように演じられるかとてもワクワクしています! 皆様に劇場でお会い出来ることを楽しみにしております。
    【プロフィール】
    女性アイドルグループNMB48を卒業後、現在はモデルやタレントとしても活動。2023年にレトロポップユニット・FANCYLABOに加入。SUMMER SONIC 2023に出演するなどアーティスト活動のほか、多数の舞台作品に出演している。近年の主な出演作に、【映画】『ARAKAWA UNDER 9-Episode1-』『夢叶えるサウナ』(23)、【舞台】『放課後戦記2024』『東京クロノス 渋谷隔絶』『ロッカールームに眠る僕の知らない戦争』(24)、『The Great Gatsby 2023』『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』『炎炎ノ消防隊-五つ面の柱-』(23)、『放課後戦記2022』『青少年アシベ』(22)などがある。
  • 朝海ひかる

    朝海ひかるあさみ ひかる

    【プロフィール】
    1991年、宝塚歌劇団に入団。02年から06年まで雪組男役トップスターを務め、「ベルサイユのばら」(06)では主演のオスカル役が好評を博した。退団後もミュージカル・ストレートプレイ・映像などで活躍。日本を代表する演出家の舞台へ多数出演し続けている。近年の主な出演作に、【ドラマ】「遺留捜査」(21・EX)、【舞台】『不思議な国のエロス』~アリストパネス「女の平和」より~(24)、『アナスタシア』『太平洋序曲』 (23)、『住所まちがい』『M.バタフライ』『サロメ奇譚』『近松心中物語』などがある。
  • 渡辺いっけい

    渡辺いっけいわたなべ いっけい

    【プロフィール】
    大学在学中に当時学生劇団だった劇団☆新感線で活動し、その後上京して唐十郎が主宰する状況劇場に入団。1992年の連続テレビ小説『ひらり』をきっかけに注目を集めて以降、数多くの作品に出演している。近年の主な出演作に、【映画】『わたしのかあさん―天使の詩―』『おしりたんてい さらば愛しき相棒よ』(24)、『シャイロックの子供たち』(23)、【ドラマ】『くりぃむしちゅーのベタドラマ』(24・NTV)、『シッコウ!~犬と私と執行官~』(23・EX)、【舞台】『たわごと』『ハロルドとモード』『ウィングレス 翼を持たぬ天使』(23)などがある。2024年11月には舞台『ロボット』の出演が控えている。

出演者情報については、情報更新があり次第、ホームページにて発表していきます。

STAFF

  • 原作

    ピーター·シェーファー「ブラック·コメディ」


  • 上演台本・演出

    大歳倫弘(ヨーロッパ企画)

  • 美術

    伊藤雅子

  • 照明

    吉川ひろ子

  • 音響

    原田耕児


  • 衣裳

    原まさみ

  • ヘアメイク

    大宝みゆき

  • 舞台監督

    岩戸堅一

  • 上演台本・演出担当 大歳倫弘(ヨーロッパ企画)からメッセージが届いています。


    【コメント】
    停電の暗闇が引き起こすトラブルによって、ブリンズリーの人生をひっくり返そうという計画は狂い、彼は窮地に陥っていきます。その様子は時に滑稽にも見えますが、どんな状況になっても「なんとかしよう!」と立ち向かう様に、僕はグッとくるものがありました。
    僕は、人生で一度くらい、危険でヤバそうな暗闇に向かって突き進んでいい、と思うタイプです。
    1969年に初演が行われてから、世界中で幾度となく再演を重ねられている今作品ですが、今の日本を生きる我々だからこそ、そのテーマや状況も理解しやすく、身近に感じられる部分が多いように思います。ぜひ、皆さんも共に暗闇に立ち向かいましょう。
    【プロフィール】
    2005年にヨーロッパ企画に参加。09年には劇団内の派生ユニット「イエティ」を立ち上げ、脚本・演出を担当。ラジオやテレビ番組の脚本・構成も多数手掛ける。近年の主な作品に、【映画】『たぶん杉沢村』(23・原作・脚本)、【ドラマ】『ポケットに冒険をつめこんで』(23・TX・脚本)、『こっちむいてよ向井くん』(23・Hulu・脚本)、『真夜中にハロー!』(22・脚本)、【舞台】『あいつが上手で下手が僕で』(23・脚本・演出)、『結婚しないの⁉小山内三兄弟』(21・演出)、『ナナマルサンバツ THE QUIZ STAGE』シリーズ(21・19・18・脚本・演出)などがある。

OUTLINE

公演概要

公演期間

2024年8月17日 (土) 〜 9月1日 (日)

星取表

会場/アクセス

IMM THEATER

〒112-0004 東京都文京区後楽1-3-53

チケット料金

¥11,000 (税込・全席指定・未就学児入場不可)

  • ※本公演では、文化庁による「子供文化芸術活動支援事業(劇場・音楽堂等の子供鑑賞体験支援事業)」に取り組んでおり、ご来場時に小学生~18歳以下のお子様を無料でご招待いたします。

チケット発売日

2024年7月7日(日)10:00~

チケット販売窓口

チケットぴあ

WEBhttps://w.pia.jp/t/blackcomedy/ <Pコード:526-807>

店舗セブン-イレブン

ローソンチケット

WEBhttps://l-tike.com/blackcomedy/ <Lコード:34409>

店舗ローソン店内Loppi、ミニストップ

イープラス

WEBhttps://eplus.jp/blackcomedy/

店舗ファミリーマート店内Famiポート

CNプレイガイド

電話0570-08-9999 (オペレーター対応)[10:00~18:00]

WEBhttps://www.cnplayguide.com/blackcomedy/

店舗ファミリーマート店内Famiポート

楽天チケット

WEBhttps://r-t.jp/blackcomedy

  • ※未就学児入場不可。
  • ※営利目的の転売禁止。
  • ※出演者変更に伴う払戻し不可。
  • ※車いす席をご利用のお客様はチケットをご購入の上、事前にお問い合わせ先にご連絡ください。
  • ※2枚以上でご購入されたお客様は、状況によっては連席でご案内できない場合がございます。予めご了承ください。
  • ※公演中止の場合を除き、お客様の体調不良および新型コロナウイルス感染によるチケットの払い戻しはいたしません。
  • ※チケットご購入の際には、ご自身の体調や環境をふまえご判断くださいますようお願いいたします。

企画・製作

フジテレビジョン

主催

フジテレビジョン/サンライズプロモーション大阪

お問合せ

キョードーインフォメーション

0570-200-888 (11:00~18:00 ※日・祝は休業)